産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

【ワンポイントレッスン】One more, please.(もう一回?それとももう一つ??)

f:id:SOE:20190820133307j:plain

今回は、英語学習者が必ず正しく覚えておくべきフレーズを見てみましょう。

英語で話しかけられて、今言われたばかりの内容を繰り返してほしいと思った時、あなたなら何といいますか?

店員さんと日本人観光客の会話を見てみましょう。彼は正しい表現を使えているでしょうか。

 

Clerk:…$57….cash…debit…charge?

Taka: One more, please.

Clerk: One more what?

 

間違いが分かりましたか?

タカは店員の言葉が聞き取れませんでした。

タカは“Could you repeat that, please?” (繰り返していただけますか?)“Could you say that again, please?”(もう一度言っていただけますか)、もしくは“What did you say?”(何とおっしゃいましたか)と言うべきでした。

今回タカは“one more”と言いましたが、それを聞いた店員は「この人は『もう一つ』何か欲しいのかしら」と誤解してしまったようです。

また、先の3つの表現が長すぎて覚えにくければ“Pardon?”(何ですか?)でもいいですし、早すぎて聞き取れないという場合は、“Could you please speak slower?”(もう少しゆっくり話していただけますか?)でもかまいません。

See you next time!