産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

【ワンポイントレッスン】BREAKFAST(朝食)

f:id:SOE:20190712125918p:plain

「英語っぽく聞こえる」フレーズが外国人を混乱させるケースがあります。

下記の会話を見てみましょう。

 

Yui: Let’s get up early tomorrow for morning service at the hotel. It only costs 500 yen and you get a lot.

Jane: There is a church in the hotel? What do they give you?

Yui: Church?

 

あら、二人とも戸惑っているようです。どうしたのでしょうか。

日本では忙しい時や旅行中にレストランで朝食を取ることがあります。

でも、英語スピーカーが“morning service”と聞くと、教会での朝の礼拝を思い浮かべます。

もしユイが“breakfast service”と言っていれば、すぐに理解してくれたことでしょう。

もしくは、“Let’s get up early and go for breakfast at the hotel.”(早起きしてホテルの朝食に行きましょう)と言うととても分かりやすいです。

レストランが一日中朝食サービスをやっていたらいいなと思います、そしたら早起きしなくてすみますね。

See you next time!

 

 

 

 

 

まずやってみる。やってみて気づくことがある。
その気づきをぜひ今後の学習に活用してください。