産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

【ワンポイントレッスン】田舎に帰る

f:id:SOE:20190712125918p:plain

“back”は名詞、動詞、あるいは副詞としても使われ、使い方によって意味が全く異なります。では今日の会話をみてみましょう。

 

Mary: What will you do for New Year, Sachiko?

Sachiko: I'll back my hometown.

 

Maryに年末年始の予定を訊かれたサチコは、田舎に帰る、という意味でbackを動詞としてI'll backと言いましたが、このような場合backを動詞として使うことはできません。

副詞のbackの前に動詞のgoを、後ろに前置詞のtoを伴い、“I'll go back to my hometown.”と言います。go backでreturn(戻る)と同じ意味になります。動詞のbackには別の意味があります。

スポーツにおいて“to back”と言えば「賭ける」という意味です。

“I backed my hometown team”で「地元のチームに金を賭けた」となります。政治において“to back”は、候補者、政党、政策、あるいは政府を「支持・支援する」と言う意味です。

“The Employers Association backs the new policy”と言えば「雇用者組合は新たな政策を支援する」となります。