産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

【ワンポイントレッスン】明日の予定について

f:id:SOE:20190712125918p:plain

歳を取れば取るほど忘れやすくなると言われています。昨日の夕食、明日の予定、、、物事を覚えるためのとっておきの方法があるといいですね。

 

ケンとジェフの会話を見てみましょう。間違いが分かりますか?

《今日の会話》

Ken: Hey, can you remember me tomorrow to book tickets for the concert?

Jeff: Ah, you might have to remind me to remind you.

 

間違いが分かりましたか?ケンは“can you remember me”と言いましたが、“can you remind me”と言うべきでした。“remember”は何かを「覚える、記憶に留めておく」ことを表し、“forget”(忘れる)の反対語です。

I cannot remember my password.(パスワードが覚えられません)。一方“remind”は人や物事が何かを「思い出させる」ことを表すのに使います。You need to remind him that the meeting time was changed.(ミーティングの時間が変更になった件、彼にもう一度念押ししておいてね)、That reminds me of the time when I was…(あれは私が・・・だった時のことを思い出させます)。

この違い是非覚えておきたいですね^^