産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

【ワンポイントレッスン】カタカナ語2

f:id:SOE:20190712125918p:plain

今回は人について言い表す時にしばしば使われる、カタカナ語について見てみましょう。

“Satoshi is always late handing in his reports. He is very ルーズ with his time.”
​​​​​​​
サトシはいつも報告書の提出が遅れる。彼はとても時間にルーズだ。

 

ルーズはカタカナ語であって、英語の単語ではありません。

英語の“loose”という単語と同様に聞こえますが、かといって“He is very “loose” with his time.”と言っても意味をなさないのです。

代わりに、こういった表現が使えます。

“He is very irresponsible.”
彼には責任感がない。

 

“He cannot manage his time.”
彼は時間を管理できない。

 

“He is a slacker.”
彼は怠け者だ。

looseという単語は、きつくない、締めあげられていない、留められていない、といった内容を意味します。

1. The internet was not working because the cable was “loose”.
ケーブルがしっかりはまっていなかったから、インターネットが動かなかった。

2. He always has a big pile of “loose” papers on his desk.
彼はいつも大量のばらばらの紙を机に置いている。

3. Be careful! The cap on that bottle is loose.
気をつけて!そのボトルのキャップは開いているよ!


あなたは時間の管理が得意ですか?あなたはいつもレポートは締め切りまでに出しますか?
もし時間があるのなら―レッスンを受けてみてはいかがですか?

 

See you next time!