産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

【ワンポイントレッスン】Promotionのいろいろな意味

f:id:SOE:20190712125918p:plain

“promotion”(プロモーション)という単語がビジネスの場では使われます。

この単語が意味するところを日本の漢字で書いたとしたら、使用場面によって、10以上の異なった表現(書き方)があることでしょう。

幸運にも、英語だと“promotion”の使い分けは3つだけです。いくつかの例を見てみましょう。

 

1. He got a promotion this month because the current vice-president is retiring next month.

彼はいまの副社長が来月退職するため、今月昇進した。

 

2. Our local coffee shop has a great sales promotion now. For every large coffee you order, you will receive a free donut.

我々の地元の喫茶店は現在、すばらしい販促キャンペーンをやっている。Lサイズのコーヒーを頼むと、ただでドーナツが1つもらえる。

 

3. Our company just implemented a new workplace health promotion program. Now all employees are required to take stress management training once a year.

私の会社はこの度新しい職場健康推進プログラムを実施しました。今では全ての従業員が年1回のストレスマネジメント研修を受ける必要があります。

 

“Promotion”には3つの使い方があります。


a. An advancement or an increase in rank.(階級が上がること)

b. Advertisement (広告、宣伝、キャンペーン)

c. Encouragement of improvement or acceptance(改善の促進、理解の推進)

 

***Promotionは名詞です。動詞は“promote”です。

 

動詞の形での例をいくつか挙げます。

 

a. Mr. Roberts wants to promote Satoshi next month.
ロバートさんはサトシを来月昇進させたいです。

 

b. TECHERS will promote its newest tablet at the New Tech Fair in Germany.
テッカーズ社はドイツでのNew Tech Fairにて最新のタブレットを売り込む予定です。

 

c. Schools need to promote a healthy lifestyle to children.
学校は子供に健康的な生活を推進する必要がある。

 

多くの会社では英語を上手に話せる人を昇進させています。
最近の産経オンライン英会話のキャンペーンを見ましたか?

次回のワンポイントレッスンもお楽しみに!