産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

【職場で使える英会話】相手との関係性が深まる「褒める」表現

f:id:SOE:20190712125918p:plain

英会話そのものは、ある程度自信を持ってできるようになってきたけれど、もっと自由に同僚同士、良い関係を深めるためのコミュニケーションを取るためにはどうしたらいいのだろう?というご相談をお受けすることがあります。

そんな中、今回は欧米の「褒める」文化に注目して、場面別にご紹介していきます。

 

日常編:「褒め」るポイント

欧米文化では、お互いを「褒め」合うのは、ごく日常的なことです。すれ違う時にでも、ごく自然に褒めることができますね。一番簡単な方法は、服装・髪型・持ち物を褒めることです。

《例文》
I like your ~. It's really you!
あなたの〇〇、とてもいいですね。あなたらしい。

The cardigan looks great on you.
そのカーディガン、とても似合ってますね。

The tie really suits you!
そのネクタイとても似合っていますね。

What a lovely ~!
何て素敵な〇〇!

You look so smart/fantastic in your new suit!
新しいスーツを着て、とても賢く/素敵に見えますね。

Your jumper really matches your blouse!
上着がとてもブラウスに合ってますね。

など。

また、相手が新しいクッションを使っているのに気づいた時は、"Oh, it looks so comfortable!"(心地よさそう!)などと言ってみてもいいですね。

他にも、"looks useful/handy"(便利そうですね)も使えます。

日本でも、女性同士では、このような褒め合う習慣はありますが、男性から女性を褒めるというと、少し難しい場合もありますね。そんな時は、持ち物を褒めたり、"The 〇〇 really suits you"(その〇〇、とてもよく似合っていますね)が使い勝手が良いでしょう。

さらっと褒め合いましょう!

 

ビジネス特化編:成果を褒める

ビジネス関係では、具体的なポイントを踏まえながら、相手の成果を讃えることも重要なコミュニケーションの一つです。

《例文》
This is a really great piece of ~!
素晴らしい〇〇ですね!

Your presentation was very accurate. You clearly pointed out all the important factors we need to consider.
的確なプレゼンでしたね。考慮すべきことが全てきちんと言及されていました。

The work you did on the project was outstanding / [exceptional].”
このプロジェクトに関するあなたの仕事ぶりは、際立ったものでした。

Your professional attitude is much appreciated.
あなたのプロとしての姿勢は賞賛に値するものです。

The success of this project is a direct result of your efforts.
このプロジェクトの成功はひとえにあなたの努力の賜物です。

You have made a great contribution to the project.
このプロジェクトへの多大な貢献をありがとうございます。

You are an asset to both our team and our company.
あなたは、我々のチーム及び会社全てにとって貴重な人材です。

"Congratulations!" おめでとう!

"I'm so proud of you!" あなたのことをとても誇りに思います。

"Keep up the wonderful [great] work!" その調子で!

等も組み合わせて使います。

いかがでしたか?ポジティブな感想を述べることで相手との人間関係がよりスムーズになり、また褒めることで相手のさらなる熱意を引き出すことができます。
利益を生み出せる職場は、良い人間関係があってこそ。褒め合うことで、自分も周囲の人たちも、日々HAPPYに過ごせるとしたらとても素敵なことですね!