産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

【職場で使える英会話】ビジネス英語で電話をかけ直すときのフレーズ

f:id:SOE:20190712125918p:plain

ビジネスパートナーに英語で電話をしたものの、相手が留守中だったり、なかなか折り返し連絡が来なかったりして、困ってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は、英語で電話をかけ直すときに使える、便利なフレーズをご紹介します。

 

「またかけ直します」と言いたいとき

相手が留守中、または会議中などで電話に出られないときは、以下のようなフレーズを使って「では、またかけ直します」と伝えましょう。

<例文>
I will call him/her back later.
(後でかけ直します。)

I will try again tomorrow.
(明日またかけ直します。)

When is he/she going to be available?
(いつ電話したらよろしいでしょうか?)

"try"は、「電話をかけ直す」と言いたいときによく使われる単語です。とても生きた英語表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。また、"available"は、「(その人物に)時間ができる」という意味の単語で、ビジネス英語においてよく使われます。

 

電話をかけなおすときに便利なフレーズ

海外の方は、日本人と比べてとてものんびりしている人が多いようです。ですので、例え仕事上の電話でも、すぐに折り返し連絡をくれないことも少なくはありません。そんな時には、以下の例文を参考に、電話をかけ直してみましょう。

<例文>
Hello. My name is Takako from ABC Consulting. I called earlier to speak to Mr. Smith, but he was not in. Is he back at the office?
(もしもし、ABCコンサルティングのタカコと申します。先ほどスミスさんにお電話しましたが、お留守でした。もうオフィスにはお戻りですか?)

Hi. My name is Yoshi from Tokyo Language School. I’m calling back to see if Miss. Barns is available.
(もしもし、トーキョー・ラングエッジ・スクールのヨシです。バーンズさんとお話したく、折り返しお電話させていただいたのですが。)


​​​​​​​ 外国人のパートナーと仕事を共にすると、電話を何度もかけ直さなければならない機会があると思います。「プッシュ」をしないと、電話が繋がらないこともあるので、今回ご紹介した英語表現を覚えて、電話をかけ直す実践練習を積んでみてくださいね。