産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

英語が話せないまま海外に住み始めた私が編み出した「英会話学習法」

f:id:SOE:20190626115315j:plain

英語圏の人が日本人に会って、最初にジャッジすることは何だと思いますか?それは英語が話せるか、話せないかです。アメリカ・ロサンゼルスにて留学生活を送る中で気が付いた、とっても簡単な英語学習法で、私は留学して2年目で英語を使った仕事を得ることができました。恐らくみなさんの参考になるかと思います!

 

文法は後回しに!まずは記憶から

 勉強を始めると、どんどんレベルは上がっていくけれど、会話のスキルが一向にあがらない生徒さんはとても多いです。私もそうでしたが、頭では理解していてもいざ口に出してみると出てこない、、、まさにパニック状態!

その理由は、文法にとらわれた勉強法をしているからです。文法ができてもコミュニケーションがとれなければ誰も相手にしてくれません。まずは話すことから始めるのが、実は英会話を習得する一番の近道なのです。

ではどうやったら文法を意識せずに話せるようになるのか?それは「記憶」です。フレーズをそのままそっくり暗記してしまいます。初めて学校で英語を習った時の事を覚えていますか?多くの人は"Good Morning Mr. ○○" "How are you?" "Fine, thank you. And you?" ......というフレーズを最初に教わったはずです。私は20年近くたった今もこれを覚えています。それは英語のクラスのたびに繰り返してこのフレーズを言っていたからです。

文法なんて考えずにスラっとでてくる英語フレーズは、記憶したものがほとんどですよね?この要領で話したいフレーズを記憶してください。私はアメリカで日本人のお子さんのベビーシッターをしていたことがあるのですが、子供が最初にやる勉強法もこれです。テレビや会話から英語のフレーズを記憶して英語を習得しています。

英語学習に役立つ参考書は沢山ありますが、ネイティブが使う英語フレーズなど、日常英会話で使うフレーズが沢山のっている本がお勧めです!

 

聞こえなくてもリズムに慣れることから始めよう

まず初心者が英会話を学ぶ上で障害となるのが、相手の会話が聞こえないという現象です。ここで習得を諦めてしまう人が多いのですが、聞こえなくて当たり前なので安心してください。なぜなら私たちは英語学習でアメリカ英語を習うことが多く、学習教材はとても美しい発音のものを使用します。

しかし実際は同じ英語を第一言語とする国同士であっても、同じ国のネイティブスピーカーでさえも、方言が存在し単語や発音が全く違うことがあります。加えて英語は世界各国に使用者がいるため、国それぞれで発音やイントネーションが異なります。よって始めは単語すら聞こえなくても当たり前です。会話のリズムに慣れるところから始めましょう。

 

海外ドラマは聞き流す!

海外ドラマは生きた英会話そのものです!わざわざ高い参考書を買わなくても、海外ドラマで英語になれる耳をつくり、ネイティブが使う英語フレーズを覚えることができるのです。

ポイントは、ドラマを1話日本語字幕で楽しんだら、今度は英語字幕でまた繰り返し見ます。その後はフレーズをいくつか拾えるようになるまで聞き流します。何か作業をしながらでもいいので、ドラマをつけて聞き流してください。フレーズを拾えるようになったら2話に進んでください。これを繰り返すことによって確実に英語脳になっていきます。聞く事と記憶する事はセットです。選ぶドラマは、なるべく日常的なドラマをおすすめします。

この学習方法は、言葉の話せない赤ちゃんが言葉を覚えるのと一緒の過程になります。とてもシンプルな勉強方法ですが、文法をひたすら勉強するよりも何十倍も早く英会話を習得できると思います。覚えたフレーズはどんどん使いましょう。コミュニケーションは言葉を覚える上で一番大切です。「話せないから恥ずかしい」は今日で終わりにしましょう。

さっそく試してみてください。