産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

楽しくなくちゃ意味がない!今年こそ継続できる英語学習法とは?

f:id:SOE:20190625170028j:plain

国際化が目まぐるしく進み、「英語に触れない日はない」といっても過言ではない昨今。「そろそろ、本格的に英語の勉強を始めなければ!」と漠然と思ってはいても、何から始めていいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

今回は、英語学習歴二十数年、在オーストラリア歴十数年(現地で大学院修了)の筆者が、「継続できる英語学習法」について書いてみました。

 

楽しく勉強することが、英語力アップへの近道

 「TOEIC○○点を獲得したい」、「英検○級に合格したい」、「ビジネス英語を身につけたい」など、英語を学習する目的は様々です。

英語のペーパーテストで高得点を獲得したい(または合格したい)と考える人は、そのテスト対策用教材を片っ端からこなしていくのが、一番効率の良い勉強方法ではないかと思います。しかし、こうして短期的に集中して英語を勉強しても、時間が経つにつれ忘れてしまい、あまり身についていないと感じたことはありませんか?

学習した英語力を維持し、それを実践で使えるようになるには、楽しみながら、そして長期間継続して学習することが必要ではないでしょうか。

 

「趣味」を英語の勉強に変えてみよう

スポーツに映画鑑賞、読書や料理、旅行など、人それぞれ「趣味」がありますよね。誰でも、自分の趣味に費やす時間と労力は惜しく感じず、心もリフレッシュします。その趣味を英語で行うことで、楽しく継続して英語学習ができるんです!

例えば、お料理が好きな方は、洋書の料理本を読んでみてはいかがですか?これは、まだわたしが大学生の時、リーディング力をアップするためにやってみた方法です。英字新聞や洋書を手にとってはみたものの、元々読書嫌いなわたしは、大量の文字に圧倒されるだけで、全く頭に入ってきませんでした。そこで思いついたのが、「大好きなお料理を英語でやってみる」ということでした。

本屋で洋書の料理本を買って帰り、早速レシピを読んでみて衝撃した。「お料理の本でも、こんなに読解が難しいものなのか!」と。今まで聞いたこともないような単語がたくさん並んでいて、レシピ一つを読むのにも苦労したのを覚えています。しかし、大好きな料理のこととなると、苦手な長文読解でも不思議と苦にならず、楽しく読み進めることができたんです。


旅行が好きな方は英語のガイドブックを、スポーツが好きな方はスポーツ関連の英語の雑誌、などなど、自分の趣味に関する洋書を読んでみると、楽しく、そして継続して英語を勉強することができます。

 

インターネットを大いに活用

洋書を買いに行く時間のない方は、インターネットを大いに活用しましょう。わたしが英語の勉強に励んでいた時代は、今のようにインターネットが普及している時代ではありませんでしたので、どうしても本やCDに頼るしかありませんでした。

今では、携帯電話ででも気軽にインターネットを使って、通勤時間を利用してでも勉強できる、便利な時代になりました。英文記事やウェブサイトに限らず、無料動画投稿サイトなどにも、英語の字幕付きの動画もたくさん存在します。お料理にスポーツ、自然や動物関連ビデオなど、ご自分の興味のある分野のビデオなどを視聴してみてはいかがですか?リスニングやリーディング力強化だけではなく、語彙力をつけることもできますよ。

 

おわりに

英語に限らず、勉強は楽しくければ続きませんし、身にもつきません。自分の趣味を英語で置き換えてみることで、気持ちに負担もなく、楽しく学習することができるのではないでしょうか。

「趣味の延長線上に、英語学習がある」という明るい気持ちで英語学習に臨むことが、一番効率よく、質の高い英語学習を継続できる方法だと思います!