【新機能】Skypeが繋がらない時の代替手段「トークルーム機能」

いつもご利用ありがとうございます。
産経オンライン英会話 運営事務局です。

産経オンライン英会話では、レッスン時間になっても何らかの通信上の理由で講師とSkype通話が行えなかった時の補助手段として、マイページに「トークルーム機能」を追加することになりましたのでお知らせいたします。

提供開始予定:2017年2月9日 15時頃
(2017年2月9日追記 提供開始いたしました。)

実際の「トークルーム」画面イメージ

以下、画面のイメージとなりますのでご確認いただきますようお願いいたします。

①コールボタン、および再読み込みボタンが出現talkroom_1

[表示される文言]
講師からのコールがない場合は、レッスン中にこのボタンを押してお客様側からの連絡をお試しください。(→①のボタンをクリックすると、Skypeで、受講生側から講師側へのコールを試みます)
なお、何度かお試しいただいてもうまくいかない場合は、こちらをクリックしてマイページを再読み込みし最新の状況をご確認ください。(→②のボタンをクリックするとマイページ全体が再読み込みされます)

②トークルームボタンが出現talkroom_2

[表示される文言]
講師からもお客様に連絡を試みましたが何らかの理由でSkypeでの通話を開始できなかったため、トークルームで待機しています。下のボタンをクリックするとトークルームが立ち上がり、講師とお話いただけます。(→③のボタンでトークルームが起動します)
※トークルームはappear.in の仕組みを利用しています。Chrome、Firefox以外のブラウザをお使いの場合、appear.in が正しく動作しない場合があります。
※モバイル端末をご利用の場合、アプリのインストールが必要になることがあります。

(なお、講師側の停電やインターネット接続トラブル等が発生し、急遽レッスンが休講となった場合については、画面を再読み込みするとその旨がマイページ内に表示されます。)

③トークルームイメージ
talkroom_3

なお、トークルーム機能はappear.in の仕組みを利用しています。Chrome、Firefox以外のブラウザをお使いの場合、appear.in が正しく動作しない場合があるほか、モバイル端末をご利用の場合、アプリのインストールが必要になることがありますのでご了承ください。
appear.in iOS版
appear.in Android版

産経オンライン英会話では、通話の安定性や、PC・モバイル等より多くの機器でご利用いただけること、またお客様側でチャット履歴を後から見返すことができるといった利便性から、基本的には引き続きSkypeを通じてのレッスン提供を行ってまいります。

とはいえ昨今、通信不具合や、Skype情報の登録間違いなどによるレッスン不成立が発生していることを鑑み、補助手段としてWebブラウザ上で利用できるトークルーム機能を追加することといたしました。お困りの際はぜひご活用ください。

なお、ご利用いただく中でお気づきの点、ご不明点などございましたら、お問い合わせよりご連絡ください。
今後とも、産経オンライン英会話をご愛顧いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


産経オンライン英会話 運営事務局

■各種ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村  

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

前へ

【英会話・あなたは大丈夫?】お世話になりました、をどう表現する?

次へ

【英会話・お役立ちフレーズ】同僚との交流を深めたい時に使える表現