TOEIC(R)テスト 出題形式が変わって難しくなるってホント?

昨年秋に、TOEICを運営する一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)より、2016年5月のTOEIC(R)テストから出題形式が一部変更となる旨のプレスリリースがありました。

新形式は次回5/29(日)実施の試験から適用になります。一部では「点数が取りにくくなるのでは」「今までのやり方が通用しなくなるのでは」と心配されている方もいらっしゃいますが、実際のところどうでしょうか。

まだ実際のテストは行われていませんが、すでに公開されている情報を基に考察してみたいと思います!

Pen

以下、 IIBCWebサイトからの抜粋です。

-------------------------------------------------------
<リスニングセクションの変更点>


写真描写問題(Part 1)と応答問題(Part 2)の設問数が減ります。


会話問題(Part 3)の設問数が増えます。


会話問題の中に、発言が短くやり取りの多いものが加わります。


3名で会話する設問があります。


Elisions(省略形: going toが gonnaなど)、 Fragments(文の一部分: Yes, in a minute; Down the hall; Could you?など)を含む会話が流れます。


会話やトークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問が加わります。


会話やトークの中で話し手が暗示している意図を問う設問が加わります。


-------------------------------------------------------

<リーディングセクションの変更点>


短文穴埋め問題(Part 5)の設問数が減ります。


長文穴埋め問題(Part 6)の一つの文章に含まれる設問は3問から4問に増えます。


文書の全体的な構成を理解しているか問う設問が加わります。具体的には、
(1)長文穴埋め問題で、文書内の空欄に最も適切な一文を選ぶ問題
(2)読解問題(Part 7)で、文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ問題

テキストメッセージやインスタントメッセージ(チャット)、オンラインチャット形式で複数名がやり取りを行う設問が加わります。


読解問題で3つの関連する文書を読んで理解する設問が加わります。


読解問題の設問数(1つの文書、複数の文書)が増えます。


文書中で書き手が暗示している意図を問う設問が加わります。
-------------------------------------------------------


■ポイント!


①写真描写問題と応答問題の設問数が減少
特に反響があるのは、絵の内容に合った説明音声を4つの選択肢の中から選ぶ「写真描写問題」(Part 1)の設問数が10問→6問 になったこと。「Part 1だけは気合を入れて受けています。後は…(苦笑)」という初級者の方に何人かお会いしたことがありますが、比較的初中級の方も解答しやすいPart 1の設問数が4割減となるのには、正直ガッカリした方もいらっしゃることでしょう。

②会話問題の設問数が増え、発言が短くやり取りの多いもの、3名で会話する設問、省略形、暗示 などを含む会話が流れる
しっかり会話の流れを追って、ついていけているか、が問われます。しかも設問数がこれまでの30問→39問に増えるので、ますます集中力が試されそうです。

③放送の内容と、問題用紙に印刷された図などの情報とを関連付けて解答する設問が加わる
前の問題を解き終えた後のポーズの時間に、図の概略をサッと読み取って設問に備える という動きが必要になりますね。


④短文穴埋め問題の設問数が減少
Part5の設問数が40問 → 30問になるそうです。短文穴埋めのパートでつい悩んで時間を消費してしまい、後で長文読解のパートで時間が足りなくなる方(筆者がそのパターンにおちいります)には、朗報となるかもしれません。


⑤読解問題で、全体を読まないと回答できない問題が増える
例えば、課題の長文全体を読んだ上で、文章内の空欄に最も適切な一文を選ぶ問題、複数名のチャット形式の問題、書き手が暗示する意図を問う問題など、全体の流れをしっかり把握して回答しなければいけない問題が増えます。


⑥読解問題で3つの関連する文書を読んで理解する設問が加わる
今まで、2つの文書を読んで回答、といったものがありましたが、これに3つの文書を読んで回答 というパターンが加わります。

とはいえ、 IIBCのプレスリリースにもあるように、これまでも繰り返しの調査が実施されており結果スコアや難易度には影響しないよう作成されるので、必要以上に恐れる必要はありません。公式の情報をしっかり確認して、試験で力を発揮できるように準備をしておくことが必要ですね。

新形式の公式問題集も発売されています。近く受験する予定のある方はぜひチェックしておくことをおすすめします。

Happy Learning!

■各種ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村 

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

前へ

「慣れてきましたか?」新しい仲間を気遣う表現

次へ

「チケットプラン」オススメ活用法3選