【英会話・あなたは大丈夫?】ビジネスシーンでの自己紹介

「よろしくお願いいたします」「お世話になっております」「大変ご迷惑をおかけしました」などなど、毎日のビジネスシーンで使うフレーズはたくさんあります。しかし、ビジネスの相手が外国人である場合でも、これら表現をそのまま英語で訳そうとしていませんか?

ここでは日本人ビジネスパーソンが英会話で陥りやすい残念な日本人的発想と、その対応する英語フレーズを場面別でご紹介します。本日は自己紹介編!

握手

ビジネス英会話での自己紹介は「シンプル」が基本!

日本人が、その職場で働き始めるときや、初めて仕事を介して出会う相手などに自己紹介する場合、必ず「よろしくお願いいたします」という表現を使いますよね。これをそのまま英語に訳して自己紹介をしよう、と考えことはありませんか?実はこのフレーズ、非常に日本人的表現なので、これを英語に訳そうと思っても訳せません。

では、ビジネスシーンでどのように自己紹介するかというと、


Hi. My name is xxxxxx. Nice (Pleasure) to meet you.
初めまして、xxxxxです。


という簡単なフレーズで十分なのです。
非常にシンプルに、そして必ず握手をして自己紹介します。


ビジネス英会話に謙遜はいりません、ポジティブに!

また、日本人がよく言いそうな「ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが」という謙遜した表現も好まれません。使うとすれば、

I am very excited to be here.
ここにいられることをうれしく思います。

I look forward to working closely with you.
一緒に仕事をすることを楽しみにしています。


など、非常にポジティブな表現を使います。もし日本人的な「至らないところも多々あるかと思いますが」などの謙遜的表現を直訳して挨拶してしまうと、「なぜ仕事ができないのに、ここにいるんだ?」と逆に不信に思われてしまうでしょう。「英語での自己紹介は、ポジティブに!」が基本です。


ぜび覚えておきましょうね!

By Yuka

■各種ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村  

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

前へ

英語が話せないまま海外に住み始めた私が編み出した「英会話学習法」

次へ

【英会話・あなたは大丈夫?】ビジネスシーンでの謝罪の表現