【英会話・お役立ちフレーズ】道案内をするときに便利な英語表現

外国人のビジネスパートナーに初めて会社を訪問してもらうとき、事前に電話やメールなどで、オフィスまでの行き方を説明しなければなりません。今回は、道案内をするときに便利な英語表現をご紹介します。

buldings_1

目印になる建物などを事前に考えておく

英語で道案内をするのは、簡単そうで結構難しいものです。「4つ目の角を右に曲がって、3つ目の建物の6階で…」のような表現も、英語となるとなかなか出てこないのではないでしょうか。しかも日本語の話せない相手だと、「この字が書かれてある看板のビルです」と言っても理解してもらえません。ですので、郵便局や銀行、ガソリンスタンドなど、日本語がわからない方でも目印になる建物などがオフィスの近くにないか、事前に確認しておきましょう。

道案内のときに便利なフレーズ

以下のような英語表現が、道案内をするときによく使われます。


<例文>
There is a bank across the street from the subway station. Our office is located 2 buildings down the street from the bank. We are on the 7th floor.
(地下鉄の駅の向かいに銀行があります。私たちのオフィスは、銀行から2つ建物を過ぎた先の7階にあります。)

You will see a police station near the east exit of the Edo Station. Go straight up the road from the police station for 3 blocks, and you will see our tall green building. We are on the 5th floor in the building.
(エド駅の東出口の近くに警察署があります。そこから3ブロック真っすぐ道を上ると、高い緑色の建物があります。オフィスはその5階にあります。)

If you are coming from the city central on the highway, take the north exit and turn left at the 3rd crossing. Our building is the tall glassy building right next to the post office. You will not miss it.
(高速で市街地から来られる場合は、北出口で高速を降りて3つ目の交差点を左に曲がってください。私たちの建物は、郵便局の隣の高いガラスの建物です。すぐ見つかりますよ。)

"You will see(目印の建物)"というフレーズは、道案内の時にはよく使われます。また、"Are you coming from XXX?"という表現を使って、相手がどこから、どのような交通手段で来るのか確認してから道案内すると、相手にもよりわかりやすく案内できるでしょう。 

オフィスまでの道案内は、的確に伝えないといけませんが、英語となるとなかなか思うように表現できません。日本語がわからない方でもパッとみてわかる、目印になる建物などを事前に確認しておきましょう。今回ご紹介したフレーズは、ビジネスシーンだけではなく、日常英会話でも使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。

by Yuka
日本で大学を卒業後、オーストラリアに渡り大学院を修了。現地企業での就職を経て、結婚・出産を機に退職。現在は三人娘の母として毎日育児に奮闘する傍ら、ビジネス文書の翻訳、またライターとして、海外生活や英語学習にまつわる記事を執筆しています。オーストラリア在住歴十数年。

■各種ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村  

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

前へ

【フィリピン語学留学】フィリピンでのマナーと生活における豆知識

次へ

【フィリピン語学留学】フィリピンでのマナーと生活における豆知識 2