【英会話・お役立ちフレーズ】海外からの来客を出迎える時に使える表現

海外のビジネスパートナーと仕事をしていると、「空港や駅まで迎えに来て欲しい」と頼まれることもあるのではないでしょうか。Eメールなどでコンタクトを取ったことのある相手でも、初めて実際に会うときは、とても緊張してしまいます。今回は、そんなときに便利な自己紹介フレーズをご紹介します。

airport_1

出迎えるときは、明るくフレンドリーに

海外、特に欧米では、初めて会った時の挨拶は「握手」をするのが一般的です。相手がビジネスパートナーであってもそれは同じで、明るく笑顔で「Nice to meet you」と言いながらギュッと固い握手を交わしましょう。そのあと、名刺を渡しても失礼ではありませんが、会社外ですので、それほどかしこまらなくても大丈夫です。
海外からのお客様を英語で出迎えるのはとても緊張します。しかし、慣れない日本に来て、相手も少なからず緊張しているはずです。お互いの緊張がほぐれるよう、以下のようなフレーズを使って、笑顔で対応することを心がけましょう

Welcome to Japan. How was your flight / trip?
日本へようこそ。フライト/旅はいかがでしたか?

Who did you fly with?
どの飛行機会社で来られたのですか?

Was this your first trip on the bullet train?
新幹線での旅は初めてですか?

お勧め自己紹介と気遣いフレーズ

会社内ではないので、フレンドリーな雰囲気の会話で大丈夫ですが、自分の名前と役職はしっかりと伝えましょう。「今日はあなたのお世話係です」という一言も添えると、グッと好感度が上がります

My name is Hanako Tanaka. I work in the sales department at ABC Corporation.
タナカ・ハナコです。ABCコーポレーションの営業部で働いています。

I'm Hiroshi. Call me Hiro. I'm the manager of the human resource department.
ヒロシです。ヒロと呼んでください。人事部部長です。

I will be looking after you today.
今日はあなたのお世話をさせていただきます。

I will accompany you to our office today.
今日は私たちのオフィスまでお連れします。

Here is my business card. Please do not hesitate to give us a call if you have any questions.
私の名刺です。ご質問がありましたら、いつでもご連絡ください。


初めて会う海外からのお客様を出迎えるのは、とても緊張します。ビジネスパートナーでも、笑顔で出迎えるのが一番です。今回ご紹介したフレーズを使って、長旅に疲れた相手を気遣いながら、フレンドリーに出迎える準備をしておきましょう。

by Yuka
日本で大学を卒業後、オーストラリアに渡り大学院を修了。現地企業での就職を経て、結婚・出産を機に退職。現在は三人娘の母として毎日育児に奮闘する傍ら、ビジネス文書の翻訳、またライターとして、海外生活や英語学習にまつわる記事を執筆しています。オーストラリア在住歴十数年。

■各種ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村  

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

前へ

【やり直し英会話】フィードバックを受けられる環境作り

次へ

【フィリピン語学留学】語学留学に便利な持ち物について