【英語ライティング】「用件を表すキーワード」を使おう!英文ビジネスメールのコツ③

インターネットの普及により、ビジネスシーンでも、頻繁にEメールで海外の取引先などと連絡を取るようになりました。しかし、英文のビジネスメールは、日本語のビジネスメールと少し書き方が異なります。今回も、英文ビジネスメールを書くときのコツをご紹介します。

thinking_woman1

ビジネスメールはまず重要な用件から

日本語のビジネスメールや文書の場合、まず挨拶から始まり、その次に遠回しな状況報告などが続き、最後の方にやっと一番重要な用件を述べる傾向にあります。
英語の場合、遠回しな言い回しはあまり好まれず、最初からまず用件や結論を述べる傾向にあります。日本人にはストレート過ぎて最初は慣れないかもしれませんが、具体的で端的な文章から始まるので、相手にすぐに用件を理解してもらえるという利点もあります。


「用件を表すキーワード」を使おう!

英文ビジネスメールでは、まず用件を表すキーワードを使った文から書き始めることを意識しましょう。用件により書き始め方も異なります。以下の例文を参考にしてみてください。

<例文>
I have an enquiry regarding the new sample you sent us last week.
先週送っていただいた新しいサンプルについてお伺いします。

I am writing regarding the ABC project budget plan.
ABCプロジェクトの予算計画についてお尋ねします。

As per our discussion over the phone, we would like to go ahead with the new project.
電話での議論の通り、新しいプロジェクトを始めたいと思います。

This is a reminder that the due date of product 123 is in 2 weeks.
商品123の納期が2週間後に迫っていることをお知らせいたします。

"Enquiry"(問い合わせ)"Regarding"(~について)"As per our discussion"(先日の議論の通り)"Reminder"([先方に思い出させるための]通知・リマインダ)は、ビジネス英語では頻繁に使われます。ぜひ覚えておきましょう。


遠回しな言い方を嫌う英語では、ビジネスメールでもストレートな表現が好まれます。英文ビジネスメールでは、書き始めの一文に用件をまとめることを心がけましょう

次回に続きます。

by Yuka
日本で大学を卒業後、オーストラリアに渡り大学院を修了。現地企業での就職を経て、結婚・出産を機に退職。現在は三人娘の母として毎日育児に奮闘する傍ら、ビジネス文書の翻訳、またライターとして、海外生活や英語学習にまつわる記事を執筆しています。オーストラリア在住歴十数年。

■各種ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村  

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

前へ

【英語ライティング】どれだけ親しいかによって変わる宛名 英文ビジネスメールのコツ②

次へ

【フィリピン語学留学】社会人が「短期留学」をする意義