【英語ライティング】どれだけ親しいかによって変わる宛名 英文ビジネスメールのコツ②

インターネットの普及により、海外にいる取引先ともリアルタイムでコミュニケーションが取れるようになりました。しかし、相手に「メールで連絡をしたい」と思っても、ビジネス英語で書こうとなると、少し戸惑ってしまいます。今回も、英文ビジネスメールを書くときのコツをご紹介します。

email_1


どれだけ親しいかによって変わる宛名

メール本文は、相手の名前から始めましょう。相手をどれだけ知っているかによって、少し書き方も違います。

 

会ったこともない目上宛の場合

Dear sir / madam,
(相手の性別もわからない場合に使う決まり文句)

Dear Mr. George Brown,
(Dearと敬称とフルネーム)

Mrs. Cathy Jones,
(敬称とフルネームのみ)

何度かメールでやり取りしたことがある場合

Hello Mr. Smith,
(Helloと敬称とファミリーネームのみ)

Dear Kate,
(Dearとファーストネームのみ)

Hello Tim,
(Helloとファーストネームのみ

何度もメールでやり取りをしている、または同僚の場合

John,
(ファーストネームとコンマのみ)

基本的に"Dear ○○,"という形を覚えておけば、どのような場合でも相手に失礼はないでしょう。同僚など、顔見知りの親しい仲間に送る場合は、ファーストネームにコンマだけでも十分です。


直訳できない「お世話になっております」

日本語のビジネスメールなどの場合だと、宛名の次に「お世話になっております。」という一文が頻繁に使われます。しかし、これは日本語独特の表現なので、英語に訳することはできません。また、英文ビジネスメールで「お世話になっています」という内容の一言を加えなくても、全く失礼ではありません。

用件を述べる前に、どうしても何か一言付け加えたい場合は、次のような文章を使ってみてはいかがでしょうか。

<例文>
Thank you for choosing One-Click Energy.
ワンクリック・エナジーをお選びいただき、ありがとうございます。

Thank you for supporting Greenhill Language Center.
グリーンヒル・ランゲージセンターをご支援いただき、ありがとうございます。

これらの文は、もうすでに取引先やクライアントとの、ビジネスの繋がりができている場合にのみ使用できます。


英文ビジネスメールは、非常にシンプル、かつ具体的であることが基本です。それをふまえつつ、相手に失礼のないように書くことを心掛けましょう。

次回に続きます!

by Yuka
日本で大学を卒業後、オーストラリアに渡り大学院を修了。現地企業での就職を経て、結婚・出産を機に退職。現在は三人娘の母として毎日育児に奮闘する傍ら、ビジネス文書の翻訳、またライターとして、海外生活や英語学習にまつわる記事を執筆しています。オーストラリア在住歴十数年。

■各種ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村  

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

前へ

【フィリピン語学留学】フィリピンは世界3位の英語公用国

次へ

【英語ライティング】「用件を表すキーワード」を使おう!英文ビジネスメールのコツ③