【英会話・お役立ちフレーズ】「気まずい沈黙」のときに使える簡単フレーズ

外国の方と一緒に仕事をするシーンで、"Hello"と挨拶をした後どのような会話を続けていいかわからず、無言になってしまったことはありませんか?今回は、そんな「気まずい沈黙」のときに使える簡単なフレーズをご紹介します!

coffee_meeting

"5W1H"を使って会話を引き出そう

よく質問を考えるときに使われる"5W1H"。
What, When, Which, Where, Why, Howを使って質問をすると、返事がYesかNoではなく、具体的な答えが返ってくるので、会話が広がります。

特に私がおすすめするのは"How"。ビジネス英会話初心者の方でも、非常に使いやすいですので、"How"を使った簡単フレーズを覚えて、積極的に使ってみましょう。

"How"を使ったフレーズ例

ビジネスシーンで便利な、"How"を使ったフレーズをご紹介します。

A:How’s your day been?
今日はいかがお過ごしですか?

B:It’s been quite hectic. I cannot wait for the weekend to come!
とても忙しいです。週末が待ちきれません!

この"How’s your day been?"というフレーズは、ビジネスシーンだけではなく、普段の会話の中でもよく使われるフレーズです。"Hello"と挨拶をして、会話が続かずに黙ってしまう前に、このフレーズで会話を続けてみましょう。
また、"day"を"morning"や"week"に置き換えると、「今朝はいかがお過ごしですか?」「今週はいかがお過ごしですか?」という意味のフレーズにもなりますので、挨拶をする時間や曜日によってアレンジしてみましょう。

"What"を使ったフレーズ例

もう一つ、"What"を使った便利なフレーズをご紹介します。

A:What’s your plan for the weekend?
週末の予定は何かありますか?

B:Not much. I’m going to the beach and catch up with my friends, though.
特にありません。ビーチで友達と会うぐらいでしょうか。

外国人、特に欧米人は、ビジネスをしている相手とでも、週末の話をするのが大好きです。週末が近づいてきている曜日なら週末の予定を、週末明けならば、先ほどの"How"を使って、"How was your weekend?"と聞いてみましょう。

いかがでしたか?これらのフレーズは、当たり障りのない質問内容ですので、相手の気を害してしまうこともまずありません。"5W1H"を使ったフレーズで、気まずい沈黙を吹き飛ばしてしまいましょう!

by Yuka
日本で大学を卒業後、オーストラリアに渡り大学院を修了。現地企業での就職を経て、結婚・出産を機に退職。現在は三人娘の母として毎日育児に奮闘する傍ら、ビジネス文書の翻訳、またライターとして、海外生活や英語学習にまつわる記事を執筆しています。オーストラリア在住歴十数年。

■各種ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村  

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

前へ

【やり直し英会話】社会人が英語学習を習慣化するために必要なこととは?

次へ

【英会話・お役立ちフレーズ】電話でのビジネス英語フレーズを覚えよう①