【職場で使える英会話】マリはどこへ行った?

ジルとマリの会話の中に、ありがちな文法上の間違いが見られます。どこでしょうか。

Jill: Have you ever been to another country?

Mari: I have gone to Australia when I was in high school.

 

“I have gone”だと、マリがオーストラリアに行ったきりまだ戻ってこないという意味になります。例えば、“Where is Satoshi?”(サトシはどこ?)という質問に対して、“He has gone to the store.”(彼は店に行ったよ)という返答であれば、行動が完了しておらず、サトシはまだ帰ってきていないという意味になります。

この状況であれば、マリは“I went to Australia when I was in high school.”(私は高校の時にオーストラリアに行きました)と、過去形の“went”を使って行動が完結していることを表すべきでした。

ちなみに、“have been”はどうでしょうか。“I have been to Australia when I was in high school”と言えるでしょうか?いいえ、“have been”は過去の経験について言い表す時に使いますが、「高校の時」といった特定の期間を示して言う時には使えません。

See you next time!

前へ

【職場で使える英会話】野外パーティの計画

次へ

【職場で使える英会話】おもしろい生き物