「予約」から始める英語学習 ~先生を巻き込もう!~

みなさんこんにちは。運営スタッフのMieです。

英語はできたほうがいい、でもいざ勉強となると気が重くてなかなかはじめられない。そんな方に今日はひとつのご提案をしたいと思います。

いざ英語の勉強を始めようと思い、参考書を購入。時間が空いたら取り組もうと思い、はや一週間、いつのまにか一ヶ月、…結局やらずに終わってしまった!という経験は多くの方がお持ちだと思います(私ももちろん経験済です)。

でも、まず手を付けることができて、「あっ、これだったらできる!」という感覚さえつかめれば、その先は比較的習慣化がしやすいのではないでしょうか。

Pixta_7436929_s

■「予約をしてみる」というキッカケづくり
ここでオンライン英会話の登場です。やることはただ一つ。レッスンの予約をしてみましょう。予習は…なくてもいいです!(もちろん、余力があるならやるに越したことはないですが)
レッスンを予約すると、当然ですが自分だけでなく先生の時間を押さえることになります。そうすると、少なくともその時間帯はレッスンに出席しなければという、ちょっとした強制力が自分の中に生まれます。自分だけでなく、先生という他人を巻き込んだことで現れる「せっかく予約したし、サボったら申し訳ないな…」という気持ち。これをうまくキッカケに変換してしまいましょう。

■まずは現時点での実力のまま、英語を使ってみる
レッスンでは、身振り手振りを交えて先生とコミュニケーションを取ってみてください。もしかしたら、思っていたよりも通じた!という嬉しい体験が得られるかもしれませんし、逆に言いたいことが言えなかったというもどかしい体験をすることになるかもしれません。いずれにせよ、実際に英語を話してみる、使ってみることを通してまた新たなモチベーションが生まれると思います。ぜひそれを今後の学習動機につなげてください。

062_

★まずは無料体験レッスンから
産経オンライン英会話は、通常「2回」の無料体験レッスンが受講可能です。まだの方はぜひ、今後の英語学習のきっかけづくりにご活用ください。会員ログインはこちらから。

まずやってみる。やってみて気づくことがある。
その気づきをぜひ今後の学習に活用してください。

Happy Learning!

■各種ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村 

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

前へ

スキマ時間の英語学習は「音声教材」を活用しよう!

次へ

「自分のコンディションに合わせた」講師選びで継続学習!