「単語を覚える」ためのオススメ学習法!

こんにちは、Mieです!

今日はとある受講生様からのご質問にお答えしたいと思います!

【質問】
単語が覚えられなくて困っています。何か効果的な学習方法はありますか?

Csss79_tabledesagyousuru20131019500



恐らく、外国語を学習する方であれば誰もが経験する悩みだと思います。

ひとつの単語をマスターしようとする時、

1)読んだり聞いたりした時に意味が分かる
2)実際に会話や文章の中で使える

上記の2つの段階があると思っていて、それぞれの段階に合わせた勉強なり練習なりをする必要があると考えています。



1)読んだり聞いたりした時に理解できる単語の量を増やしたい!

「apple = りんご」といったように、英語と日本語訳を一つ一つ単語帳・単語集を使って覚えていくのがオーソドックスなやり方ですが、合わない人にはとことん辛い!(私自身がこのやり方、とても苦手です)

単純な暗記が苦痛という方はぜひ「単語を文章の中で覚える」やり方を試していただければと思います。

1. 題材となる英語の文章を読み、意味の分からなかった単語をマーク

2. 1でマークした単語の意味を調べる(この時、調べた意味は本文からちょっと離れたところにメモしておきましょう)

3. 2で調べた単語も含め、文全体の意味が自然に浮かんでくるまで題材の文章を読み返す(意味が分からない部分が出てきた時のみ、2で取ったメモをちらっと見るといいです)

4. 英語の文章だけを見て、意味がすんなり理解できるようになれば、その単語の意味も自然と覚えられています!

このやり方、普段使っている産経オンライン英会話の教材で試すこともできますし、もしくは興味のある分野の記事、業務に関連する内容の記事を使えば、自然と「自分にとっての頻出単語」の知識を増やすことができます。

その他、もし、日常の頻出単語をまとめて覚えたいという方は、

速読速聴・英単語Core1800―​CD付 松本 茂著
http://www.amazon.co.jp/dp/4939149102

重要語が圧縮された英文記事を読むことを通して、語彙力のみならず総合的な英語力を伸ばそうというコンセプトの教材です。見開き左側のページに英文記事/右側のページに和訳 というレイアウトになっているため、左側の英文を読んで分からなかったら右側を見ればOK!「単語を文章の中で覚える」作業をストレスなく行うことができます。
ちなみにこの本、別途初級編や上級編もあるので、ご自身のレベルに合わせて選ぶことができます。



2)実際に会話や文章の中で使える単語を増やしたい!

これはズバリ、使う練習をするに限ります!
そして、練習にはオンライン英会話レッスンがぴったりです。

例えば、こんなやり方ができると思います。

・覚えたい単語を使った短い文を書いてみて、
 レッスン予約時の講師への伝言欄に貼り付けておき、添削をお願いする

・自分がよりスムーズに話せるようになりたい分野の
 フリートークレッスンを講師にお願いして、言えなかった単語は
 すぐにオンライン辞書で調べてそれを使いつつ、
 レッスン後、調べた単語を見返して復習する。
 (Weblioを使うと、右下に調べた単語の「閲覧履歴」が表示されるので復習が楽です)



いかがでしたか?

私も英語を話す中で、まだまだ「アレレ?」となることがありますが、たくさん使って、たくさん調べて、少しずつボキャブラリーを増やしていきましょう!

Happy Learning!



■各種ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

オンライン英会話スクール ブログランキングへ

前へ

TOEIC全盛の今、あえて「英検」を見直してみる

次へ

ヘッドセット選びのポイント