産経オンライン英会話 公式ブログ

産経オンライン英会話の公式ブログです。

侍イングリッシュ

【侍イングリッシュ】気に入ってくれたよね You'd have loved it.

海外出張した国際線の機中で、米女優、サンドラ・ブロック主演の映画「オーシャンズ8」を見ました。史上最強の犯罪者集団を描いたジョージ・クルーニー主演の人気作「オーシャンズ」シリーズの女性版。名だたる女優がそろいました。 犯行の舞台は、ニューヨ…

【侍イングリッシュ】悪気はありません No Offense

ビジネスにおいて、製品開発や営業などで果敢に挑戦し続けなければ、競合相手にシェアを奪われてしまいます。「攻撃は最大の防御なり」(The best defense is a good offense)ということわざもあります。 このoffense(攻撃)という言葉は、興味深い使い方…

【侍イングリッシュ】日本の流儀 The Japanese Way

今年話題になった言葉に贈られる「ユーキャン新語・流行語大賞」(12月3日発表)に、サッカーW杯ロシア大会日本代表、大迫勇也選手(28)の活躍を称賛する「半端ないって」などがノミネートされました。 W杯が印象深かったのは、「日本流の戦い方」が世界…

【侍イングリッシュ】おしゃべり - Talk

1960年代のアメリカの大ヒット曲「サウンド・オブ・サイレンス」(The Sound of Silence)をご記憶でしょうか。その歌詞は、talkとspeakが登場します。 人々が何かを語り合ってはいる(talk)けれど、真意を語る(speak)ことはしてないといったニュアンスが感じら…

【侍イングリッシュ】無事に in one piece

マレーシアの首都、クアラルンプールを訪問したとき、大失敗をしてしまいました。 翌朝は午前9時から地元のマネジメント学会で「海外赴任者と現地社員の相互理解」について講演し、さらにその翌日、日本人商工会議所で講演予定でした。私はいつものように予…

【侍イングリッシュ】これでいこう! Good enough!

あるIT企業の日本人社長が、東南アジアで現地責任者を長いこと務め、帰国することになりました。 帰国の直前、夕食の席で、彼は遠くを見ながらこう言いました。「現地社員は本当によくやってくれた。ただ85%くらいで『これでいい』と努力をやめてしまう。…

【侍イングリッシュ】ご容赦ください Forgive me

もうすぐノーベル賞発表。物理学賞を受賞した益川敏英・京大名誉教授は、2008年にストックホルムで行われた授賞式の講演で冒頭にこう言いました。 I am sorry. I can not speak English.(申し訳ありません、私は英語が話せません) この後の講演は全て異例…

【侍イングリッシュ】着任したばかり I'm new

シンガポール駐在夫人の和子さんに、電話がかかってきました。ところが現地のなまりがきつすぎて、和子さんはさっぱり聞き取れません。思わずこう言って電話をガチャンと切ってしまいました。 I'm sorry I'm Japanese.(ごめんなさい、私は日本人です)” こ…